乳酸菌サプリの比較サイト ~善玉ママのプロバイオティクス倶楽部~

画像

乳酸菌で便秘よさらば!?

便秘には「乳酸菌」が良いと言われているのをご存知ですか?「乳酸菌」とは、糖類を発酵分解して、乳酸を作る細菌の総称のことです。

乳酸菌が便秘に良いと言われているのは、乳酸菌が生産した乳酸が、腸を刺激して排便を促す動きを活発にしてくれます。
そして腸内環境を酸性にして、便の水分量を調節してくれるのです。
つまり健康的な腸にしてくれるということですね。

「乳酸菌」には、大きく分けると「動物性乳酸菌」と「植物性乳酸菌」の2種類のタイプに分かれます。
「動物性乳酸菌」とは、栄養豊富な環境で活発に活動することができる乳酸菌です。
しかし、消化酵素や胃酸などの酸がある刺激の強い環境などには弱いため、腸に届く前にほとんどが死滅してしまいます。

代表的な食品としては、牛乳から作られるヨーグルトやチーズ、ヤクルトのような乳酸菌飲料などです。
「植物性乳酸菌」とは、アルカリ性の環境や、刺激の強い酸などの厳しい環境でも生きていけるとても強い乳酸菌です。
生きたまま腸内まで届くことができます。

腸まで届いた植物性乳酸菌は、腸の中で乳酸を作り出し、腸内環境を弱酸性に傾ける事で善玉菌を増やし、悪玉菌を退治してくれます。
代表的な食品としては、味噌・漬け物・キムチなどの発酵食品です。

よく便秘になるという人は、乳酸菌をとれば解消されると思っていませんか?確かに便秘の時には乳酸菌が一番効果的と言われています。
しかし、どの乳酸菌をとっても効果があるという訳ではないのです。
ヨーグルトやチーズなどの「動物性乳酸菌」をどんなにたくさん食べたとしても、便秘は全く改善されないことでしょう。

便秘を解消してくれるパワーを持つのは「植物性乳酸菌」です。
腸の中を弱酸性にする事で、善玉菌をどんどん増やして、悪玉菌をやっつけてくれるのです。
悪玉菌というのは、酸性の中では生きていけない菌ですので腸内を弱酸性に傾ける事で悪玉菌を退治できるのです。

これにより乳酸菌の体内での働きを良くするためには、植物性乳酸菌は毎日しっかり摂取すること大切なのです。
腸内環境を良くすることが便秘の解消に繋がってくるという訳ですね。

Copyright© 2010 ZendamaMAMA & Probiotics All Rights Reserved.