乳酸菌サプリの比較サイト ~善玉ママのプロバイオティクス倶楽部~

画像

善玉菌と悪玉菌のギモン

善玉菌とは、腸内を酸性にして、外部からの有害な菌を退治し、免疫力を高めます。
普段は上手に悪玉菌をおさえています。
善玉菌の代表としては、ビフィズス菌・腸球菌などがあります。

悪玉菌とは、腸内を腐敗させたり、発がん性物質・毒素を含んだ有害物質を作り出します。
身体の抵抗力を弱めて、下痢・便秘などを引き起こします。
腸内をアルカリ性にしようとします。

悪玉菌の代表としては、大腸菌・ウェルシュ菌・ブドウ球菌などがあります。
ウイルスや細菌と聞いたら、私たちは有害な存在だと考えてしまいがちではないでしょうか。
確かに、悪玉菌の大腸菌やブドウ球菌のように有害な細菌もありますね。

しかしその一方で、乳酸菌のような有益な菌もあるのです。
全ての菌が有害な訳ではないのです。
善玉菌・悪玉菌以外にも、日和見菌と呼ばれる菌もいます。

この菌は善玉菌・悪玉菌のバランスが良いと影響もないですが、バランスが崩れるなど、通常の条件が変わってしまうと、良くも悪くも働くという細菌です。
私たちの腸の中には100種類もの腸内細菌が、私たちが食べた物のカス・老廃物などを、腸内で発酵・腐敗させつつ繁殖しているのです。

腸内の状態は、体調不調・精神的ストレス・過労・食生活の変化などで簡単に変わってしまいます。
バランスが崩れ、乳酸菌などの善玉菌が減り、有害な毒素を作る悪玉菌などの細菌が増えると、下痢や便秘などが起き、ガンや生活習慣病などの病気にかかる可能性が高くなると言われています。

腸内の状態を改善し、健康に有益な効果を与えてくれるのが善玉菌なのです。
大きさは数ミクロン程度の小さな小さな乳酸菌が、善玉菌の中心ともいえる重要な役割を担っています。
乳酸菌は善玉菌を増やすサポートをしているので腸内にたくさん取り入れてあげることが必要です。

乳酸菌は、乳酸や酢酸を生成し、悪玉菌のような有害菌の増殖を抑えて、腸内の機能アップを助けてくれます。
腸内環境を乳酸菌のような善玉菌を多く保った状態にすることが、私たちの健康を保つポイントではないでしょうか。
乳酸菌の種類と効果がこちらに載っています。
こちらもとても参考になるサイトなので、是非ご覧ください。

Copyright© 2010 ZendamaMAMA & Probiotics All Rights Reserved.