乳酸菌サプリの比較サイト ~善玉ママのプロバイオティクス倶楽部~

画像

乳酸菌にも種類はある!?

乳酸菌とは、乳酸を作る細菌の総称です。
では乳酸を作る細菌ってどんな細菌がいるのでしょうか?口から入った乳酸菌は、その全てが腸に到達することができないのです。
何故なら腸に行くまでに、胃酸・胆汁酸という2つのブロック機能があるからです。

これらは、口から入ってきた細菌が、体の中で勝手に増殖しないように守っているのです。
酸にとても弱い乳酸菌は、2つの酸のブロックに阻まれて、ほとんどの乳酸菌はここで死滅してしまいますので、生きたまま腸に届くことはありません。

もし、酸に耐えたラッキーな乳酸菌がいて、仮に腸に届いたとしても、腸内に留まる力がなければその効果は十分に発揮されずに、便と一緒に排出されてしまうのです。
乳酸菌には、酸に強く、そして腸に留まり増殖ができる程の強さが必要になってくるというわけです。

そのことを考えて、日々色々な工夫がされているようです。
では、乳酸菌の種類を紹介していきましょう。

よく耳にする「ビフィズス菌」は、善玉菌の代表です。
糖を分解し、乳酸・酢酸・などを作り出します。

次に「ヤクルト菌」です。
ヤクルト菌は胃酸や胆汁酸など、殺菌力が非常に強い消化液に耐え、腸まで生き残った菌を選び出し、強化培養実験を繰り返すことによって、消化液に負けない菌が作り出されました。

「KW乳酸菌」は花粉症などのアレルギー症状を緩和する目的で作り出されました。

植物性乳酸菌」は、動物性乳酸菌とは違い、過酷な環境でも生き抜ける強い菌です。
胃酸を通過し、腸まで生きたまま届くことができます。

「コッカス菌」は免疫力を上げる白血球を元気にする力があります。
コッカス菌についてもっと詳しくはこちらhttp://bioplastek.com/koxtukasu.html

「L29乳酸菌」は新機能性乳酸菌と呼ばれ、胃酸に強く、生きたまま腸にまで届く乳酸菌と言われています。

「L-92乳酸菌」は新機能性乳酸菌と呼ばれ、L29乳酸菌と同じく、生きたまま腸まで届く乳酸菌と言われています。

「EF乳酸菌」は白血球を強める力が一番強いと言われています。

「ETF-2001」は免疫力を活性化する力が最も強いと言われています。

「クレモリス菌」は酸素酸素のない環境で活発に活動できます。

「ラブレ菌」は酸や塩分に強いので、生きたまま摂取することができる植物性乳酸菌です。
健康食品等によく使われています。
これらの乳酸菌を多く含んでいるおすすめの発酵食品がこちらでいくつか紹介されています。

Copyright© 2010 ZendamaMAMA & Probiotics All Rights Reserved.