乳酸菌サプリの比較サイト ~善玉ママのプロバイオティクス倶楽部~

画像

腸を若々しく保ってくれる

腸年齢を若々しく保つことによって大腸ガンの予防に繋がると言われています。
腸を若く保つ秘訣は、大きくは皆さんの食生活に関連してきます。

肉類を多く食べない・ウォーキングなど適度な運動をする・野菜をたくさん食べる・イモ類をとる・お酒は控えめにする・禁煙する・ヨーグルトやオリゴ糖を食べる等を実行すると、腸内は若く健康に保たれる確率が上がります。

アレルギー体質の人にも有効です。
健康の為に、いつもの食生活を少し工夫してみてはどうでしょうか?私たちの腸内には、100種類もの腸内細菌が住んでいます。

乳酸菌やビフィズス菌など善玉菌と呼ばれる健康に有用な菌が、食中毒や発ガン物質の原因になるような、身体にとって有害な菌の侵入を防ぎ、増加を抑えています。
腸の調子を整える場合には、乳酸菌・ビフィズス菌を直接摂取する方法と、有用菌を増やすと言われているオリゴ糖・食物繊維などの成分を摂取する方法があります。

植物性乳酸菌胃酸などに負けない強い菌で、腸内まで届いてくれます。
味噌・漬物などに利用されています。
ただ味噌・漬物は塩分量が多いので、食べすぎないように注意しましょう。

それに乳酸菌と言えばやはり代表はヨーグルトですよね。
ヨーグルトの中には生きている乳酸菌が多量に含まれているのです。
牛乳を飲むとお腹が緩くなってしまうという体質の人でも安心して摂取できる食品ですよ。

悪玉菌は腸をアルカリ性にしようとするのに対し、善玉菌は腸を酸性にしてくれます。
乳酸にはカルシウム吸収に適している弱酸性の腸に整えてくれる働きがあります。
つまり、カルシウムの吸収率が、乳酸菌を含んでいない牛乳に比べてより優れているのです。
アミノ酸の吸収力も高まります。

ヨーグルトには、加糖と無糖の2種類のタイプがあります。
糖分を取りすぎてしまわないように、無糖タイプがお勧めです。
甘さが足りない分は、果物で補うと良いでしょう。

オリゴ糖はビフィズス菌のエサになる菌です。
オリゴ糖の摂取は便秘の人には特にお勧めです。

食物繊維は、腸の中の有用菌を増やします。
また、糖分の吸収速度を遅くすることによって血糖値の急上昇を抑えてくれます。

Copyright© 2010 ZendamaMAMA & Probiotics All Rights Reserved.