乳酸菌サプリの比較サイト ~善玉ママのプロバイオティクス倶楽部~

画像

乳酸菌が多い食品

「乳酸菌」は善玉菌の一種です。
腸内で働く細菌で、私たちの身体を健康に保つ手助けをしてくれています。

ではどうやったら乳酸菌を体内に増やすことができるのでしょうか?
それは、善玉菌を多く含んでいる食材をとる・乳酸菌のエサになるオリゴ糖などの食品をとる・悪玉菌をやっつける納豆菌をとるなどが考えられます。

では乳酸菌を多く含んでいる食品にはどんなものがあるのでしょうか?
乳酸菌が多い食品と言ったら、まず思いつくのが「乳製品」ではないでしょうか?
ヨーグルトhttp://www.shikake-ehon.jp/kin_004.htmlは乳酸菌を多く含む代表選手です。

ヨーグルトとして売られている物は乳酸菌を含む量を「乳等省令」という法律で定められているようです。
チーズも乳酸菌を多く含んでいます。
プロセスチーズよりも、加熱処理をされていないナチュラルチーズが良いですね。

発酵食品では、味噌・キムチ・ぬか漬け・塩麹などが乳酸菌を多く含んでいます。
味噌に含まれている乳酸菌は、「植物性乳酸菌」なので、胃酸などの酸に強い性質を持ち、生きたまま腸に届きます。
キムチは意外と知られていないかもしれませんが、ヨーグルトと同じくらいの量の乳酸菌を含んでいます。

ぬか漬けも「植物性乳酸菌」で、多くの乳酸菌を含み、生きたまま腸に届きます。
塩麹はここ最近、よくその名前を耳にするようになりましたね。
健康に良いと人気が出てきているのですが、乳酸菌も多く含まれているのです。

調味料や漬物の味付けとして、活躍の場は多いのではないでしょうか?
乳酸菌飲料で代表なのが「ヤクルト」ですね。
ヤクルトに含まれている「シロタ株」という乳酸菌が大量に含まれており、生きて腸まで届き腸内環境を整えてくれます。
乳酸菌は40度くらいが一番増殖するそうなので、少し温めてから食べたり飲んだりすると良いでしょう。
ただし、あまり高温にしすぎると死滅してしまうおそれがありますので40度を目安にしてください。


どれもスーパーなどで簡単に手に入るお手頃価格な食品ばかりですね。
乳酸菌を摂取するタイミングを知って積極的に摂取しましょう。

次に乳酸菌のエサとなるオリゴ糖などの食品をとるのも効果があります。
エサが増えればエサを求めて、乳酸菌が増殖していきます。
はちみつ・ポン酢・リンゴなどに多く含まれています。

そして悪玉菌をやっつける納豆菌、つまり納豆を食べることが大事です。
納豆に含まれる納豆菌は、腸内の善玉菌を増やしてくれます。

Copyright© 2010 ZendamaMAMA & Probiotics All Rights Reserved.