乳酸菌サプリの比較サイト ~善玉ママのプロバイオティクス倶楽部~

画像

乳酸菌の働きとは?

乳酸菌は善玉菌の一種で、腸内で活躍してくれています。
乳酸菌にはいくつかの有用な作用があり、私たちの健康を腸で支えてくれています。

例えば、整腸作用があります。
食物を消化吸収しやすくする為に、腸に適度な刺激を与え、腸の活動を活発にしています。
また、吸収し終えて便になったら、肛門に向かって送り出すぜん動運動を活発にして、便秘や下痢を防ぎます。
それに、腸内を常に酸性に保つ働きをします。

酸性に保つことによって、有毒物質を作り出すと言われている悪玉菌の働きを抑える抗菌作用、腸内での発ガン性物質の合成を妨げる抗がん作用や、悪玉菌などの悪いウィルスや細菌への抵抗力を高めてくれる免疫増強作用などの作用があります。

善玉菌とは腸内ビフィズス菌・腸球菌・ユウバクテリウムなどのことを指します。
逆に悪玉菌とは、大腸菌・ウェルシュ菌・ブドウ球菌などのことで、これらはタンパク質やアミノ酸を分解し、様々な有害物質を作り出すのです。

様々な病気の根源は、この悪玉菌だと言われています。
しかし、善玉菌と悪玉菌と区別しようとしても、実はスパッと単純に、善悪を区別できないというのも事実なのです。
例えば、大腸菌は悪玉菌とされていますが、乳児の体内に入る事により、身体の細胞が外部からの侵入者を見分ける機能を持つのです。

大腸菌はいわば、人の免疫機能の基礎を作っていると言えるでしょう。
また、人に有用なビタミンを生成すると言われているバクテロイデス菌は善玉菌に見えるでしょう。
しかし他方では、発ガン物質を生成しているのです。

どっちが善で、どっちが悪なのか、簡単には判断できませんね。
このように善悪を兼ね備えている細菌も数多くあります。
それらの菌は、善玉菌と悪玉菌のバランスが大きく関係します。

双方のバランスが保たれて初めて、私たちの体に有用な働きをしてくれるのです。
つまりは、善玉菌が悪玉菌より優勢の立場にあるバランスを保ち続けることが、健康な腸の状態なのです。

その他の乳酸菌に期待できるはたらきや効果的な摂り方はこちらのサイトに詳しく載っていますのでご覧ください。

Copyright© 2010 ZendamaMAMA & Probiotics All Rights Reserved.